早期解決を望むなら債務整理・自己破産は弁護士に相談

裁判所に破産の申し立てを行い自己破産が確定したら、必要最低限以外の財産を失う代わりに全ての借金を免除することができます。

借金相談と過払いの利息について

弁護士や司法書士などの専門家に借金相談の申し込みをすることで、生活上の様々なトラブルを解決することが可能となります。特に、利息額の計算の方法についてわからないことがあれば、専門の分野に詳しい法律の専門家を頼りにすることによって、何時でも安心して対応を取ることが出来ます。

大手の法律事務所のサービスの内容に関しては、ネット上でしばしば意見交換が行われることがあり、幅広い年代の人々からアドバイスをもらうことが良いでしょう。そして、最新の借金相談の事例をチェックすることで、いざという時に大きな役に立ちます。

借金相談したら、過払い金で借金解決するかも!?

お金の悩みや問題というのは、家族や親しい友人にも相談しにくいものではないでしょうか。中でも借金の事になると誰にも相談できず、返済が滞ったり、自転車操業に陥ってしまう人もいます。もしそうなってしまい、一人ではどうにもならなくなった場合、司法書士や弁護士に借金相談をしに行くのをお勧めします。

借金の額にもよりますが、任意整理や自己破産という方法をとらざるを得ない場合もあります。しかし、自転車操業になると、そこから抜け出すのはとても大変です。任意整理や自己破産は恥ずかしいと思っているかもしれませんが、まずは借金相談をしに行く勇気を持ちましょう。そして、もしかしたら過払い金で借金がチャラになるかもしれません。一日でも早く解決して、借金生活から抜け出しましょう。

取材から見る借金相談とは

借金相談と聞くと、暗く深刻なイメージがありますが実際はそんなことはありません。

最近では、誰でも債務整理ができるので深刻になる前に借金相談に来る人が多くいると取材で事務所の人が話しています。確かに、明日食べるものもなくなるくらい追い詰められる前に、自分で返済は無理だと感じた時に来る方が気持ちも楽になれます。

多くの人は、借金をしたことを恥ずかしいと感じていますが誰でもさまざまな理由があります。一概に、借金イコール悪ではありません。恥ずかしいのは、返済の見通しもないまま放置することです。借金相談をすることで、多くに人が解決しているのが取材からわかります。

借金相談をした後の返済はどうなる?

借金相談をして、弁護士に正式に依頼をすると、その後の返済の負担は減ります。任意整理をしたら、利息と遅延損害金をカットしてもらえます。個人再生では、元本も大幅に減らせます。

自己破産をすると、すべての借金がゼロになります。ただし、税金などは債務整理では減らせません。借金相談をすることのメリットに、弁護士からの受任通知が金融機関に届いた時点で、請求が止まるということがあげられます。

3ヶ月~6ケ月程度の期間借金の返済から開放されることになるので、その間に生活を立て直して、なるべく貯金をしておきましょう。

債務整理をした後はローンが利用できなくなるので、貯金をしておくことが重要になります。

メニュー

TOP 自己破産 過払い金って 債務整理、過払い請求 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金請求

自己破産を知ろう

過払いと債務整理

交通事故弁護士に慰謝料相談

B型肝炎訴訟について