早期解決を望むなら債務整理・自己破産は弁護士に相談

裁判所に破産の申し立てを行い自己破産が確定したら、必要最低限以外の財産を失う代わりに全ての借金を免除することができます。

B型肝炎訴訟の弁護士

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つです。日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれています。

そのうち10%が肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌に進行します。

B型肝炎ウイルスに感染した方は、国から給付金の支払いを受けることができる特別措置法が施行されています。大阪などでは、B型肝炎訴訟での裁判のために弁護団が結成されていて、多くの方々が国と和解して和解金を得ています。

そして、平成29年(2017年)1月12日までの申請が、給付金支給の一つの期限の目途とされているのです。B型肝炎訴訟の弁護士の探し方は、お近くの弁護士・法律事務所を探して相談するか、インターネットのサイトが参考になります。

弁護士費用とB型肝炎訴訟

実はB型肝炎訴訟で受け取る事ができる給付金はすべて得られるという分けではなく、その中から弁護士費用を引かないといけません。B型肝炎訴訟に限っては、弁護士費用の一部は国が助けてくれるのですが、やはり残りは給付金から支払いとするという事になるかと思われます。

B型肝炎訴訟を扱っている弁護士事務所はいくらかあると思われますので、費用について調べてみるといいかと思われます。しかし、弁護士費用がかかったとしても、症状によりB型肝炎訴訟でかなりの給付金を受け取る事ができる場合もあります。また、弁護士に頼むと手間も減らせますので、B型肝炎訴訟については前向きに検討するのもいいでしょう。

自己破産を知ろう

過払いと債務整理

交通事故弁護士に慰謝料相談

B型肝炎訴訟について