早期解決を望むなら債務整理・自己破産は弁護士に相談

裁判所に破産の申し立てを行い自己破産が確定したら、必要最低限以外の財産を失う代わりに全ての借金を免除することができます。

全ての借金を免除

現在抱えている借金の免除を受けるには、債務者が裁判所に破産の申し立てを行い、支払い不能と判断された場合に、破産が確定します。

自己破産は全ての借金の返済を免除されますが、必要最低限以外の財産を失うこととなりますので、自己破産を行うべきかどうかは、よく検討した上で行う必要があります。

この自己破産は多額の借金の返済が出来ない人を救済し、その方の再建を目的として行われます。

自己破産が確定するまでには、厳しい審査と条件があり、誰でも受けることはできませんので、申し立てを行えば、叶うといった訳ではありません。

個人での申し立ても可能ですが、厳しい審査もありますので、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

調停などの借金相談は無料相談窓口を利用する

多重債務により債務整理や過払い金の返金手続きといった、いわゆる借金相談はできるだけ無料の相談窓口を利用するといいでしょう。とくに、ただでさえ借金でお金が無いところに持ってきて調停などを控えている場合はなおさらです。

借金相談を専門にしている弁護士事務所等でも成功報酬や分割払いに応じてくれるところもありますし、各都道府県には国が運営している日本司法支援センターもあります。

国がバックアップしているため、最終的な弁護士費用も安く済みますし、センターを通すことで料金を立て替え払いにしてもらい分割で支払うことが可能になるのです。もし、借金相談を考えているなら、選択肢のひとつに加えてみるのもいいでしょう。

自己破産を知ろう

過払いと債務整理

交通事故弁護士に慰謝料相談

B型肝炎訴訟について