早期解決を望むなら債務整理・自己破産は弁護士に相談

裁判所に破産の申し立てを行い自己破産が確定したら、必要最低限以外の財産を失う代わりに全ての借金を免除することができます。

自己破産の条件

自己破産は裁判所へ申し立てを行えば必ず出来るといったものではありません。
破産の原因によっても左右されます。

また、支払い能力の有無によって、大きく変わってきます。

裁判所へ申し立てを行い、その背景などを調べた結果、支払い不能と判断された場合にのみ破産手続開始決定を受けることになります。

裁判所が支払い能力があると判断した場合には、自己破産を行うことはできません。

自己破産の手続きの取り方

自己破産の手続きを進めるためには、数万円から数十万円程度の費用が発生することがあります。特に、弁護士や司法書士などの専門家に相談をする際には、具体的な報酬額の相場をチェックすることで、家計の負担を最小限に抑えることが可能です。

最近では、無料相談のサービスが行われている法律事務所が増えており、自己破産を検討している場合には、早期に予約を取ることが肝心です。

また、自己破産の手続きの取り方については、一人ひとりの借入金の状況によって、大きな違いが見受けられますが、担当者とよく話し合いをすることが大事です。

自己破産を知ろう

過払いと債務整理

交通事故弁護士に慰謝料相談

B型肝炎訴訟について